贈答品について

日本では昔からお歳暮やお中元という贈答品を贈るしきたりがあります。
他にも結婚祝い、その内祝い、出産祝いとその内祝い、お香典のお返し、引越し祝いとその内祝い、入学祝いとその内祝いなど、いろいろな贈答品をやり取りすることがあります。
また現金の贈答に対するお返しは、やっぱり現金ではなく商品になります。 また贈答品には、水引きの付いた熨斗が、つきものではないでしょうか。 熨斗の水引きにも、いろいろな意味があり、贈答の種類によって水引きも違ってきます。
また最近では贈答品を贈る側が選ぶのではなく、もらう側が選ぶことのできるカタログギフトも人気です。
いろいろな価格帯に合わせたカタログギフトがあるので、贈る方も簡単で、もらう方も楽しいという贈答品になっています。
また贈答品にはできるだけメッセージを付けると、より気持が伝わりやすくなります。 また何かのお返しには、金券や商品券などはあまり使いませんが、商品やカタログギフトなどにセットにして、金券や商品券を贈ることはあります。
例えば結婚のお祝い返しや、お香典のお返しなど、多くの人と同じカタログギフトや商品を送り、そこにお返しの多い人にだけ、商品券を付けると方法があります。
これなら贈答のお返しにも金券や商品券を使っても問題ありません。 また贈答品の中には新築祝いの内祝いのように、お食事をご馳走した後のお土産的なものもあります。
お香典返しなどは、最近お香典を持って来てくれた人には、その日のうちにお返しをお渡しするという方法もあります。
しかし金額がそれぞれなので、一定の商品にして、多い人には後でまた別に贈るというものもあります。 このように日本ではプレゼントという意味合いとは、ちょっと違った贈答という贈物があります。

Copyright © 2014 贈答品の種類 All Rights Reserved.